2013年

1月

23日

腕時計ブレスレット

最近ショックを良く受けますが、今日もかなりのショックでした。

 

でも、仕方ないと自分に言い聞かせています。

 

写真は新品のブレスレットですが、これと同じ物をたった今、力尽くで壊しました。

バネ棒というもので時計本体に留めてありますが、そのバネ棒がさびていて外れなかったからです。

 

色々なサイトで調べましたが、さびていたら力に任せるしかないようです。プロがそうしています。

ドライバーを差し込んで「よいしょ。よいしょ」と力を加えていきました。

 

みごとバネ棒は外れましたが、ブレスレットの先端は曲がってしまいました。

 

新しいバネ棒を探している途中で、たった今壊したブレスレットが40,000円することが分かりました。

 

40,000円のブレスレットを壊して、6,300円の革製ベルトを着けます・・・・・

ブレスレットを修理するべきでした。

 

あー、今夜はよく眠れないかも。