2013年

8月

04日

久しぶりの休日

(Dad)

今日は久しぶりの休日です。ここ数ヶ月は1ヶ月に1日の休みだったので「今日はゆっくり休もう」と思っていたら実家の父親から電話が・・・。「プリンタの調子が悪いから見に来てくれ」。後回しにするのも嫌だったのですぐに行ってきました。

 

父親は写真マニアで、中学生の頃から写真を撮りまくっています。戦後すぐだったのによくカメラを入手できたと思います。写真は当時の物もしっかりと保存してあるので貴重な物もあります。今日は写真をプリントアウトしようとしたらインクがにじんだようになっていたそうです。

 

実家に着いたらすぐにチェック開始。1分後・・・「ガーン!!!」、不調の原因は用紙をひっくり返しに入れているだけでした。さすが74歳!やってくれます。

 

実家はみなかみ町の「たくみの里」の中にあります。

 

今日は休日なので1枚目の写真のメインストリートは歩行者天国のようになっていました。右下にソフトクリームの看板が少し見えますが、私が5歳になるまでこの家を借りて住んでいました。お店の経営者は東海大相模高校野球部の元レギュラーで、巨人軍の原監督の1学年先輩です。「辰徳」と呼び捨てできる人に初めて会いました。ショートを守っていました。ここは元々その方のおじいさん所有の家です。

 

この通りの中程に教会が2つあります。須川ハリストス正教会とその向かいにある・・・もう1つは?名前はないでしょうか?

今は教会ではないかも知れません。アメリカの大学で教授をしていたおじいさんの家でしたが、熱心な信者だったために自宅の一部を教会に改築しました。小さな頃はここの日曜学校に通っていました。アメリカから送られてきたおもちゃや3時に出されるお菓子に惹かれて通っていました。本当に珍しいおもちゃが山のようにありました。イースターやクリスマスの行事も忘れられません。おばあさんには何度か会ったかな?おじいさんは一度会ったような気がします。よくこんな田舎からアメリカの大学教授まで上り詰めたと思います。何だか懐かしい思い出です。

 

2枚目の写真は実家から見た「香りの家」です。たくみの里では様々な体験ができますが、ここではこんにゃくづくりが体験できます。

 

お越しの際は「吾郎兵衛やかた」へどうぞ。柔道部の後輩が経営しています。お土産は湯宿温泉(ごめんなさい。勝手にリンクです)の「大阪屋菓子店」(ごめんなさい。これも勝手にリンクです)の酒饅頭がおすすめです。今まで食べた酒饅頭の中で一番おいしいです。ちなみに、こちらは柔道部の友達の実家です。どちらも味は本当においしいです。

 

実家からの帰りに寄り道。

イギリス人の友達が書家デビューをしたので書道展に行ってきました。上の作品は友達の先生で、私の上司でもあった方の先品です。友達の作品は・・・「う~ん、日本人を越えたね。こんな字は書けません。だいたいなんて書いてあるかわかりません。」この人が以前ブログに書いたギネスブックに載っていた天才です。天才は何でもできるんですね。